ビッグバン Big bang

IMG_0108_20100512185033.jpg


ビッグバン Big bang、骨折ゲームズ、bone5作、2~4人、10歳以上

 この時はテストプレイで若干違うのだけれど、正式版ルールで書きます。

 テーマは宇宙の始まりビッグバンです。ある意味世界最大のテーマですね(笑)
 宇宙の始まりは途方も無い規模の大爆発と言われています。そこから宇宙が始まり、驚くべき速度で広がっていった(今も広がっている)というのが一番有名な説でしょうか。

 んで、ゲーム自体も盤面が少しずつ広がっていきます。
 ゲームの基本としては、タイルをめくって、配置して、自分のコマをそのタイルの上に配置。最終得点時、コマの位置によって得点が決まる というところでしょうか。タイルには色とシンボルがあって、7色、7種の1枚ずつが入っています。

 もちょっと詳しく。
 初期配置として、おおよその円を描くようにタイルを裏向けて配置します。その際、宇宙の果てである外周のタイルは表向けられます。また各プレイヤーに1枚タイルが配られます。これは最後のスコアリングで意味を成します。
 手番プレイヤーは内側の空間に接しているタイルを1枚取り、外周に配置します。外周に配置する際、同じ色、シンボルが隣接している場合は配置できません。
 また、このゲームの根幹となる連鎖という概念があります。
 内側のタイルを取って、外側にタイルを配置する というところまでいつも通り。この際、内側に接しており、かつ外周に接していない かつ、誰かのコマが置かれているタイル というものが存在した場合、そのタイルも再配置を行う連鎖が発生します。
 この際、コマは内側の適当なスペースに置かれます。この内側に置かれたコマ、これで1つ2点です。最後までタイルに乗っているコマは1つ1点なので、出来る限り連鎖した方がよく、再配置も出来るからお得です。
 ちなみに再配置時にはコマを1つしか置けません。2枚目以降の連鎖ではコマを置けません。まぁ、そんなことより2点になるコマが出来るので、連鎖それ自体に意味があるんですが。

 このゲームにはもう1つ。
 最初に配ったタイル。これが非常にネックとなります。
 最終得点計算時、このタイルと同じ色かシンボルの上にコマを乗せていた場合、1枚に付き+2点のボーナスが入ります。例えば、コマ2つが内側に落ちると4点、乗ったままだと2点、初期タイルと同じシンボル、色のどちらかなら4点となり、まぁ、連鎖させてもさせなくてもどっちでも と言った感じ。

 でも、コマが1つだったら? 落ちたら2点、残ったら1点、ボーナスだったら3点です。残された方が得点高いんですね。まぁ、怪しいのは結構目に付くので(苦笑) テクニカルに頑張らないといけないんですけどね。

 ゲームの終了は「誰かがコマを全て配置したら」、もしくは「これ以上広がらなくなったら」 です。コマが全て配置されると1周だけプレイして、最終得点計算となります。

 最後になりますが、これ、なんで500円で出てくるんでしょうね(苦笑)


 アブストラクトですが、パズルが苦手で無い限り楽しめると思います。宇宙に詳しかったらテーマとしっかり合っているところに驚くでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告