どうぶつしょうぎ Let's Catch the Lion!(2008)

IMG_0031_20101226222616.jpg

どうぶつしょうぎ Let's Catch the Lion!(2008)、Madoka Kitao作、Nekomado Co., Ltd.、2人、15分

 ようやく買って、ようやくプレイしたので。
 えっと、写真のは私のですが、幻灯舎エデュケーションバージョンではなく、オリジナルバージョン。で、ハンカチボードに布袋という構成のもの。オリジナルバージョンはこれ以外に桐の箱に入ったバージョンもあります。グッズも色々あったりする。

 で、こいつ。
 将棋の要素で、これでもかとそぎ落としたゲームです。コンポーネントがシンプルな割りに、非常に考える。まぁ、将棋ですからねぇ。でも、それをここまで大胆にアレンジしたのもすごいなぁと。
 最大のポイントは誰でも気軽にプレイできるという点ですね。ここがすごく良い。ゲームをほとんどしない親が子供と手軽にプレイできるという点がすごくいい。

 なんか機械計算した人がいるらしいですが、なんか粋じゃないですよね。1手1手考えて、何回でもプレイしたいゲームだと思います。

 面白いのはこれの豪華版で将棋のこま全部が揃ったものも売られているところ。
 これがいいのは外国人向けってことです。外国の方の要望として、漢字を覚えるのはつらいと。日本人にチェスのコマをアルファベットでやれって言っているようなものなんだと思います。うむ、確かに。
 ということで、外国人に友達がいる方はおおきなどうぶつしょうぎは持っていていいかもしれません。これも実はオリジナルバージョンを売っているところに布のボードが。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告