ビブリオス Biblios (2007)

IMG_0026_20110222215042.jpg

ビブリオス Biblios (2007)、Steve Finn作、IELLO、2-4人、30分

 このゲームといえばゲーマーはフェドゥッティを思い出す人がほとんどで、あと少しの人はビデオケース、ドクターとこのあたりでしょうか。
 それはこのゲームの経緯にあると思います。
 1つはこのゲームが注目されるきっかけを作ったのがフェドゥッティだから。年に1回発表されるフェドゥッティ賞に同人ゲームながらノミネートされたことですね。
 ビデオケースはこれのオリジナルバージョンのパッケージ。ユーロゲーでビデオケースが利用されているゲームって少しはあるんですよね。ラモント兄弟のLeapfrog、作者忘れましたがX.net(のオリジナルの方)とか。後数タイトルあったはずですが、パッケージしか思い出せない。。。

 最後のドクターはこの作者、ドクターフィン(Dr.Finn)ですね。

 で、前置きが長いですが、このゲーム。カードを使った競りゲーになります。前半後半とあって、1粒で2度おいしいというかそういう構造です。

 まず、最初の競り。というか分配フェイズ。
 スタートプレイヤーが1枚ずつ引いてこっそり見ては3箇所あるうちのいずれかに置きます。
 1つは自分の前。1つは捨て山、最後に場。
 自分の前は確保用。1枚。捨て山は後半用。後で登場します。こちらも限定1枚。場は他のプレイヤーに分配されます。これは他のプレイヤー分。表向けて置かれます。

 これだけでも十分ゲームです。
 1つは1枚ずつやるってところ。HJの日本語訳のルール部分のみを読むと絶対誤訳なんですが、例を読むとそうはなってないんで、気をつけてくださいな。一気に引くのと1枚1枚は全然ゲームが違うのです。
 そう、1枚1枚。これがポイント。
 自分の確保は慎重に、でも後にもっといいカードがあるかもよ。的な。
 他のプレイヤーには渡したくないカードは捨て山に。

 あっと、カード構成を忘れてました。
 カードは5色+数字のカードが大半です。これを数字合計で過半数集めればゲーム終了時に得点がもらえます。得点はダイスで表されていて最初は3点あります。
 んが、カードの残りの幾つかはそれらを上下させます。これは取った瞬間行われます。
 最後にお金。競りのカードにお金とはこれ如何に。後半戦で使用されるのです。

 そして、後半戦。
 山札が尽きたら後半戦に入ります。
 後半戦は捨て山をシャッフルして、1枚ずつ競りにかけます。ここで使われるのがお金カード。
 そしてポイントはお金カードが競りに出ることもあるところ。
 これは色のカードで競り落としますが、枚数勝負になります。いらないカードはここで処分でしょうかね。

 こうしてゲームが終了したら自分の手元には色カードが大量にあるはずです。前述同様過半数抑えているプレイヤーがダイスを貰って得点計算です。もちろんタイブレイクはお金。

 たった1つのカードの山なんですが、かなり楽しめるゲームです。敷居が低いって言うのもよいところ。競りゲーだけど、手札使うから相場分かりやすいし。

 ゲーマーは過半数の数字がいくつぐらいか、カード構成はどうなっているかなど気になるところかとは思いますが、箱にかかれてますのですぐ分かる。この辺もポイントかなと。


 最後に余談。
 カードにニスのにおいが結構ついてるって話ですが、クラマーのHolidayなんとか(忘れた)っていうCorpのリメイクのカバンコマに比べれば無臭に近いです。最近のゲーマーは神経質ですねぇ(笑)<って笑い事に出来るぐらいHolidayなんとかのにおいがすごい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
 ・04月08日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告