K2 (2010)

IMG_0026_20110306224050.jpg


K2 (2010)、Adam Ka?uz.a作、REBEL.pl、1-5(3)人、60分、10歳以上

 タイトルから分かるように世界で険しい山で有名なK2を登頂するゲームです。K2っていうと、エベレストの次に高い山なんですよ。険しさ半端無いらしいですが。

 で、このゲーム。
 プレイヤーは2人の登山家を持っていて、それらをK2に登頂させます。ボードの右側にどこまで登ったかを示すコマがあって、これらで得点を示します。
 ボードには升目が描かれていて、そのマスに移動するために追加で必要な歩数、ラウンド終了時に削られる体力になります。

 コマの移動については、全員同じセットのカードを使い、そこから幾つか手札にして、それらのうちの3枚動じだしという形になります。
 ただし、同時出しした際、合計数が大きいプレイヤーにはペナルティがあって、その数字が減らされます。
 これ以外にも登頂を難しくさせている天候ボード。こちらは天候によって何m~何mまでの範囲で移動を鈍らせたり、体力をより一層削ったりします。

 さっきから出ている体力ですが、プレイヤーが持っている登山家2人には体力があります。キャンプで休んだり、体力回復のカードを使って初めて回復できますが、ボードを見てもらえれば分かるとおり、山頂に近いところは全て体力が減ります。
 これをカバーしているのがキャンプ。さっき書きました。
 キャンプはコマ1つに付き、1つ用意されていて、任意の場所で張れます。また自分のキャンプであれば、他のコマでもそこで休むことが可能です。
 とはいえ、キャンプの力は微々たる物なので、険しい山頂付近ではそれでも体力を削られます。無論、体力がなくなったら登頂失敗で得点はゼロになります。しっかり計算して登頂する必要があります。

 これ以外にカードの回し方とか、天候ボード、ゲームボードによる、冬山、夏山、冬気候、夏気候の難易度設定等があり、何回でも楽しめるようになっています。

 今回のプレイでは2人でしたが、全然普通にプレイできました。
 というかですね、升目に入れるコマの数制限っていうのがあるんですが、これも結構きつかったです。順番にうまく登頂しないと体力が削られて仕方ないです(苦笑)

 プレイ感としては、「パンデミック奉行がいない1人達成型パンデミック」というところでしょうか。協力ゲームのように見えて、自分ひとりで判断するので、協力ゲームではない、べんべん。

 パンデミックでは口を出しにくくて、プレイしにくい人にはオススメできそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告