倉庫の街 The Speicherstadt (2010)

IMG_0044_20110306223946.jpg

倉庫の街 The Speicherstadt (2010)、Stefan Feld作、eggertspiele、2-5(4)人、45分、8歳以上

 このゲームといえば、今年の日本ゲーム大賞の9位 といったところでしょうか。
 ほかにも何かノミネートされていたような気がするんですが、イマイチ思い出せず。。。 とはいえ、結構なゲーム会でタイトルは見ますし、引き続きプレイさているようですし、人気はあるのかなと。

 さて、このゲーム。
 非常に少ないお金の中でやりくりして、カードを集め、得点を稼ぐ競りゲームです。
 競りに特徴があって、写真のようにコマを配置していくんですが、後から置いた方が先に買えます。これ、結構競りゲームとしては発想の転換なんですよね。普通は先に置いた方が先に取れることが多いんですよね。
 でも、後で置くと高いんですよね。そのコマの数分のお金が掛かるので。
 なので、後で置いた方が得かと言われれば、決してそうでもないわけで。

 そして、コマは1つずつ置くので、若干ワーカープレイスメントの雰囲気。というか、ワーカープレイスメントという言葉がなかった頃では「変形競り」って言われて終わる感じかも。

 カードは大きく4種類。
 1つは資源。これを倉庫に貯めます。
 2つは船。倉庫に貯めた資源をこれに乗せて得点を貰います。出向の必要は無いです(苦笑) もってりゃいいの。
 3つは消防士。カードの山には災害カードが入っていて、それが引かれると消防士が少ないプレイヤーにマイナス、多いプレイヤーにプラス。いや、倉庫街でよく火事が起こったんですけどね。
 4つはその他の得点カード。ちょっとまとめすぎですが、得点パターンは他にもあると。メインは1と2なんですが。

 カードセットはサマリにあるので、どれを買って、どれでどうするかっていうあらかじめの道筋っていうのはなんとなく最初に目星をつけて、競りで取っていく というのが基本でしょうか。ゲーマーの(笑)

 このゲームが良いのはお金が本当に無いので、あまり迷わず、テンポよく行えること。ほしいカードは結構決まっているので(2択、多くて3択ぐらい)、そのラウンドのコマの配置を脳内で決めて、その競り金額にうまいこと合うように配置していくことになります。ポイントは、残りのコマをほかのプレイヤーが配置するので、予定より1金高いことがあったりするぐらいですが。1金だけかな。。。
 いや、この1金がすごく大事で、収入は1金がベースになるので、1金すら無駄に出来ません。っていうか、1金ってなによ(笑

 競りのお金はカードの能力で売れたり、落とさず+1金もらったりと出来ますので、その辺の工夫も大事だったりします。

 見通しは良いゲームなので、重度のゲーマー以外にはオススメ出来るかなと。重度のゲーマーはもっと厳しいマネジメントを要求されそうな雰囲気がありますが(苦笑)
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

購入権は先に置いたプレイヤーなのでは?

No title

 BGGにある英語訳をあたりましたが、確かにそうですね。ということは間違ったインストを受けたようです。

 再戦して再レビューしないといけないかなぁ。。。さすがに別ゲームだったと思われる。。。

船は資材が手に入るだけでそれだけでは点数は入りませんが、、、

No title

うーむ、書き方が悪いなぁ。確かに。
得点を取るための資源っていう意味だったんだ。書きたかったのは。

で、調べたら契約書カードっていうのね。得点のカード。忘れたんで調べなおした。

ま、前述したようにどっかで書き直すかな。再プレイがあれば。。。(あるのかな。。。)
▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・04月09日(日) 第2会議室
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告