カタンカードゲーム The Struggle for Catan (2011)

IMG_0042_20111009223901.jpg

カタンカードゲーム The Struggle for Catan (2011)、Klaus Teuber作、Kosmos、2-4(4)人、45分、10歳以上

 2人用のカードゲームの方ではなく。
 うーん、なんか区別つけづらいねぇ。。。新版2人用のがタイトル変わっているので、早いところ日本語版で出て欲しい(笑)

 さて、こちら。
 事前情報はあまりよくなくって、個人攻撃の殴りあいとか何とか。まぁ、カタンもそうっちゃぁそうだけどさー。

 カードはものすごく綺麗です。というか、若干本編に差し替えたくなったり(本筋と違う)
 というかですね、カタンはカタンなんですよ。
 資源もいつもの5種類ありますし、村カードもあって、裏面が街。もちろん、1点と2点。ゲーム終了は10点先取とカタンをうまく踏襲しています。
 これ以外に道があって、2本で1点とか、騎士も2枚で1点。それぞれ特殊能力があって、道は場札との交換枚数の増加、騎士はドロー自体の増加といいことがあります。
 あ、ちなみに手番はまず、場札、山札、他のプレイヤーのいずれかからカードを入れ替える というもの。プレイヤーを選んだらランダムに引いて任意のものを戻す という感じですが。
 そして、写真では場札が腐っている状態(レンガばっかり) もちろん、建築コストはいつもと同じなんですよねー。
 そしてカードを任意に使って、最後に補充。2枚+騎士の能力。簡単は簡単なのさ。

 通常のカタンと雰囲気が違うのは2点ありまして、1つは特殊建物。街から更にカードを使って発展できるんです。これで+3点建物、4点建物になったり、他のプレイヤーから毎ターンカードを奪ったり出来ます。結構強いのが多いですが、4人プレイならまぁ、許容範囲かなという内容です。明らかにこれがっ と見えるのがあるのですが、そうでもなかったり。ただ、直接攻撃に見えるよなぁとか。。。

 もう1点は道や騎士が枯れた場合、他のプレイヤー(誰かはある程度指定されている、右か左かですが)から取ってくるというところ。この辺が最初に言われているところなんだと思います。終わりにくいという。
 なんか、最後足の引っ張り合いがずっと続くんですよねー。2~3ラウンドぐらい。それが許容出来るかどうかですね。まぁ、展開としては正しいような気がするのでそこまでひどいポイントじゃないと思うんですが。。。

 ちなみに10点の到達点が良くできてまして、9点までは余裕なんですが、後1点が本当に遠い。。。バランスいいんじゃないかな(苦笑) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告