バスストップ Busstop(2009)

バスストップ 20091213

バスストップ Busstop(2009)、藤原 快作、萬印堂、3-6人、15分、8歳以上

 2009年のTGFで売られていたゲームです。
 実はTGFは気が付いたら終わっていたというパターンで、全然お買い物できてません。
 あういうところで、ゆっくりお買い物に回りたい。。。(売るので精一杯)

 で、このバスストップ。
 なーんとなく、同人ゲームの「トラッカーズ」を思い浮かべた方もいるのではないかと思いますが、全くの別ゲームです。まずはそこからリセットしてください(笑)

 写真に写っている横長のボード。あれがメインボードになり、お客さん(数字が書かれているカード)が置かれます。
 各プレイヤーは同じお客さんカードを手札に持っており、それらを伏せて出して、同時に公開します。
 そして、数字の小さいプレイヤーから(逆だっけ?) カードを取得していきます。この取得には各プレイヤーによってプレイされたカードも入っています。
 ただし、何でもOKという訳ではなく、取る順番によって場所が決められています。
 個人的に不満だったのが、このカードの取得。作者としては大きい数字・小さい数字を出せば有利というわけじゃないんだよ ということでそういうカード取得の配置になっているかと思うんですが、逆に「どれを出しても運の比率が大きすぎるから考えること無い」 という感じになってしまっています。
 正直、こういう同時だしゲームは「大きいか小さいか」というコントロールが限界で、それ以上の順番(特に真ん中とか)を出そうとすると結構難しい状況かと思います。

 で、お客を集めたらバスに乗せます。
 バスには同じ種類を乗せればいいような感じになっていて、さらにバスの台数を増やすことも可能です。ただ、増やすやり方がすでにあるバスがあふれたら、ということになっているのでその辺のコントロールも必要です。

 このときはうちらは6人でプレイしましたが、4人ぐらいでプレイするのとは全くテイストが違うと思います。そこは前述していますが、カードの配置可能場所が絞られることにあるかと思います。それである程度狙ったところに置けるんですね。

 うーん、とりあえず、6人は多すぎた。ちゃんと評価したいんで3-4人でプレイしなおしたいなぁ。
 多分発想としては良いゲームの方向なので、後はその辺なんですよね。。。

 ところで書かれている数字は年齢なのかなー という話をしていたら写真にある通り28でセーラー服って。。。とかとか(笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告