アルハンブラ ゴールデンエディション Alhambra(2003)



アルハンブラ ゴールデンエディション Alhambra(2003)、Dirk Henn、Queen Games、2-6(3)人、60分、8歳以上

 アルハンブラのゴールデンエディションです。
 ルールに変更はありませんし、拡張が付いている訳でもありません。コンポーネントが豪華になってます。
 後、若干値段が上がってます。先行販売では上がってなかったんですけどね(汗)

 ざっと概要をば。
 リメイクされたゲームで、元は「スティムト・ソー」というゲームです。
 ゲームにはお金が4種類あり、対応した売り場があります。もちろん、お金と売り場は対応しており、それぞれの売り場でそれぞれのお金を使わないといけません。
 購入できるものは宮殿です。
 宮殿はカルカソンヌのようなタイルになっていて、建築するごとに自分の宮殿タイルに接続する形で広がっていきます。このとき、タイルによっては「壁」が存在し、初期配置で持っている「噴水タイル」から壁を通らずに宮殿までたどり着けるように宮殿タイルを置かなくてはなりません。
 んで、手番時には1.お金をはらって購入する、か2.お金を取る ことが出来ます。お金は合計5以下なら何枚でも、それ以上は1枚のみもらえます。5以下なら何枚でもというのが効いてます。
 また、購入も「ぴったし」の金額を払うと、追加手番が行えます。なので、みんな追加手番を狙ってお金を微調整します。あ、このゲーム「おつり」は存在しませんので(つまり、おつり分は返ってこない) 微調整で1とかほしくなる>合計5以下は何枚でもというのがここでさらに強調されます。いいなぁ、こういう相乗効果みたいなシステム。

 お金カードには「決算カード」も混じっていて、これが引かれたら決算があり、タイルの所持数で得点が入ります。最も持っていたら何点 という感じです。もちろん、宮殿の種類によって得点が異なります。
 全部で3回の決算後得点計算となります。

 いやぁ、さすがゲーム対象作品。きりきりなるぐらい楽しいです。
 あれもしたい、これもしたい、けど1つしか出来なくて、下家がてぐすね引いて待ってる みたいな。そして、お金を取れば、建物トップがさらわれ、建物トップを維持すれば、おつりが帰ってこず、追加手番はできず。んが、お金が1とか転がってる とかとか。

 締めも結構簡単に思いつく上、自分への得にもなりやすいので、やりやすいのも好印象。もちろん、やられてなんぼなので、やり返してなんぼです(笑)

 今回は1人に独走された感じですが、それでも結構楽しかったです。
 上家じゃないと接戦になると厳しそうなので、5人だとバランスが悪いのかもしれません。6人だとよりバラけるからいいのかもしれませんけれど。うーむ。

 何はともあれ、「さすが大賞作品」と納得させられたゲームでした。
 他のプレイヤー曰く「ちょっと古いけれど」 とかありましたが、うちはこういうのが好きなのですよ(苦笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
 ・04月08日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告