もっとホイップを ...aber bitte mit Sahne(2008)



もっとホイップを ...aber bitte mit Sahne(2008)、Winning Moves、Jeffrey D. Allers作、2-5(3,4)人、30分、8歳以上

 二つの意味で今話題ですね。
 1つは単純な名ゲームとして認知され始めているところでしょう。これ、定番化しそうだ。マジで。流通量によるけれど、女性受けするものは定番化することが多いぞっと。
 もう1つはエラッタ。これのせいで流通量が少ないと思われる。
 プレイに大きな影響は無いとはいえ、バランスを崩している可能性があるのでなんとも。。。(ホイップの数が違います) ちなみにメビウスさん経由で購入された方は代わりをもらえるとのこと。
 他の人はBGGなんかを覗いてみてくださいな。

 ルールは簡単。
 ケーキタイルを裏向きに良く混ぜて、1ホールのケーキ(11等分されたもの) を作ります。このとき、順番を変えてはいけないのがポイント。
 後はそれをプレイ人数分に割って、割ったプレイヤーの左隣から各プレイヤー引き取っていく という流れ。
 引き取った後は、食べて即得点にするか、残して、最終決算に託すかのどちらかというゲームです。最終決算に残したケーキは「最も多く残したプレイヤー」のみタイルに書かれた数字の得点が入るので、食べるかどうか非常に悩ましいところなのです。あ、同数は共にもらえるので。
 ちなみにホイップは1~3つ、タイルは3~11と大きいので残した方が高得点になることが多い のかな。

 このゲームがすばらしいのはテーマとゲームが非常にマッチしているところです。
 ケーキのわけ役は最後に受け取るという「ケーキを切り分けるとき」のリアルさをあらわしているところがほんとらしくて、ほんとそのままで(笑)
 ユーロゲーム特有のジレンマ「あーでもない、こーでもない」を簡単に手軽に味わえるのがゲーマーへの最大のウリですね。それをケーキにすることで裾野が広がりまくっているわけですが。
 箱も大きくないし、ケーキはおいしそうだし、いっぱい出回ってほしいなぁと。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告