ムガル Mogul(2002)



ムガル Mogul(2002)、Michael Schacht作、Spiele aus Timbuktu、3-6人、45分、10歳以上

 個人的にシャハト最大の傑作です。
 システムはいたってシンプル。といってもゲシェンクに株要素を足した感じなんですが。とはいえ、ゲシェンクの元がこのゲームだったりするんですが。

 テーマは鉄道株です。結構希薄かも。
 システムはセリ。そして、セリに生き残るには場にお金を1つ払う。降りる人はそれまで出された場のお金を全てもらうといったようなシステムになっています。生き残ったらそのラウンド、セリ対象となっている株カードが手に入れる権利を得ます。
 ポイントは手に入れる株カードの売買。
 もちろん権利を使って株カードの所持が出来ます。でもね、カードの周りに模様が書かれています。この模様の色に対応した株を売ることが出来るのも落札した人というオチ。売ったら権利破棄となり株カードは手に入らないというおまけつき。厳しい上に悩ましいです。
 株の値段のシステムが(個人的には特に)すばらしくて、「場にある同種のカード枚数」になります。
 つまり、場にカードが貯まれば貯まるほど売りたい人が出てくるというわけです。そのため、その時が到来したセリは俄然熱くなります。そして、「いざ降りよう」としていたプレイヤーの手前で誰かが降りるという行為も熱いです。降りる=見返りがほしいわけなんで(笑) 場にお金が無い~ 手元にもお金が無い~ ぎゃー。>借金

 という訳で、セリは得意なジャンルではありませんが、このゲームのセリはものすごく楽しいです。
 残念なのはこのゲームが手に入りにくいこと。一度再販されたようですが、それでも足りないみたい。けど、また再販予定が上がっているみたいですが。。。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告