キングスブルグ、Kingsburg(2007)



キングスブルグ、Kingsburg(2007)、Andrea Chiarvesio・Luca Iennaco作、Mario Truant Verlag、2-5(4)人、90分、10歳以上

 最近のゲームでは出色の出来。といいつつも、日本で流行ったのは半年以上前だったり。うーん、時代遅れ人間まっしぐら。

 ダイスゲームの戦略ゲームと聞くとまず敬遠される上、どの辺の層がターゲットなのか全く分からなくなってしまうゲームです。
 実際には大して重くは無いので、ライトゲーマー、んで、どちらかと言うと老若男女が楽しめるゲームになっているのではないかと思います。うーん、まだ焦点がはっきりしない。。。
 えーっと。だまされたと思ってプレイしてみてください。Java版とかありますし(BGGのKingsburgで検索するページにあります。ちょっとした英語は読んでください)
 ルールは。。。 どっかに日本語訳あったっけなぁ? あれば十分プレイ可能。

 前置きが長くなりましたが(それだけのゲームってことです)、ゲームの基本となるところは、「ダイス」と「建設」です。
 ゲームは4つの季節(ラウンド)に分かれており、全部で5年行います。まー、プレイ時間初プレイで90分ほど。慣れたら45分ぐらいかなと。Java版だったらコンピュータはAIなので15分ぐらいで終わります(これだけ強くプッシュしているのは本当に出来が良いからです)
 話し戻して、ゲームの基本。
 ダイスは全員共通、普通の6面体ダイスを3つ振ります。
 次にダイスの出目合計の小さい順にダイスをボードに配置します。このとき、1個でも、2個一緒でも3個一緒でも構いません。
 そして、ボードには1~18のマスに資源がかかれています。ダイスの出目に対応した場所に自分のダイスを置くんですね。まぁ、分かるかと思うんですが、こうやって資源を集めて建築物を建てて、得点を稼ぐゲームなんです。
 資源は3種類。金、木、石です。もちろん、数字が大きくなればさいころの出目も難しくなってくるので、結構な資源を得られます。んが、小さい出目でもそれなりに稼ぐことが出来ます。この辺がゲーマーへの挑戦状じゃないでしょうか(笑)
 後、マスには「先置き有利」があります。つまり、すでにさいころが置かれたマスには後から他のプレイヤーが置くことは出来ません。これが結構悩ませる (汗) 高いところが有利と書きましたが、そんなことしていると、他の出目が振るっていないプレイヤーに好きなようにされることもしばしば。。。 なかなか難しい。
 んで、資源を割り振った後、建設フェイズに移ります。
 各プレイヤーには建設物が書かれたリストが配られています。全部で5タイプx4レベル分。レベルって書いたのは、1から順に建てる必要があるからです。
 建築物には建築したらもらえる勝利点と共にちょっとした特殊能力がかかれています。この特殊能力がものすっごい簡単。最初のインストで説明を受けただけで7割ぐらいは覚えられます。この辺が特殊カード嫌いのうちにも受けている理由(笑)
 これで1つの季節が終わります。また、季節の導入部には下位救済のような「建物が少ないプレイヤーに+1ダイス」や、建物数トップは一律1点というイベントもあります。これはゲームを通して変わりません。1年にはこのようなイベント+資源獲得(ダイス振り)+建築が3回あり、最後の冬に襲撃というイベントがあります。
 そう、ゲームは建てているだけじゃつまらないのです(そんな理由か)
 このゲームには後一つのパラメータ、戦力と言うのがあります。これは、特定の建築物の特殊能力で(+1戦力等) 上昇させられるほか、ダイスの置くマスにもその年限定で上昇させるものがあります(つまり建物は恒久的)
 そして、冬に年数に対応したカードを1枚だけ引きます。カードは5種類ぐらいあって、どれが攻めてくるか分からなくしてます。違いは戦力の数とその破壊数、勝利したときの報酬です(勝ったら得点や資源がもらえます。負けたら資源や勝利点を持っていかれたり、最悪建築物(しかも一番高級なもの)が破壊されます。ひぃー。さらに壊された建築物の得点は減点されるとか。。。)
 そんなこんなして、5年目を終わった時点で得点を比べあいます。

 正直、プレイするまではここまでの出来とは思わなかった。。。 なかなか好きになれそうなゲームです。基本がしっかり抑えられており、システムも「ありそうでなかった」というのが正しいのか分かりませんが、しっくり来るんですよね。
 余談ですが、このゲーム。新興メーカーから出てるんですね。Traunt(チーパスのゲームなどをドイツで出版しているところ)かと思ったら、そこは協力しているだけで、メインはElfinWerksというMayfairがらみの方が社長のメーカーです(間違ってたらごめんなさい。代理店が多すぎて大本がはっきり分からない(汗)) そして、デザイナーはイタリア人と。最近のイタリア人のゲームは面白いのが多いなぁ。ゲームリリースも盛んだし、負けてられないですね(笑)
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・05月21日(日) 第4会議室
 ・06月25日(日) 第5/6会議室
 ・07月09日(日) 第4会議室
 ・08月13日(日) 第4会議室
 ・09月18日(月/祝) 和室
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室

◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告