コミュニ Comuni(2008)



コミュニ Comuni(2008)、Acchittocca作、TENKIGAMES・Elfinwerks、2-5人、90分、12歳以上

 現在、私一押しのゲームです。問題は全然発売されているところを見ないところでしょうか。
 ドイツでは若干数出回っているっぽいんだけどなぁ。

 舞台は1000年ぐらい前のイタリア。各地でコミューンという集落がいくつも出来ていた時代のことです。
 各プレイヤーは特定のコミューンを担当して、4度来る侵略者からコミューンを守り、得点を稼ぎます。
 まず、基本はカードを手に入れてのカードに描かれている建築物の建築がメインです。
 カードはボードの下半分を使って売られています。
 各プレイヤーはそこに自分の使者のコマ+お金を使ってビットします。ビットするんですが、より多くのお金を持っているコマが来たら手元に戻すか、巡礼者キューブを使って、他の場所に移動するかしないといけません。あ、キューブにはこれ以外に職人キューブ、軍隊キューブがあります(金も合わせて全4種類)
 手番にはビットか、ビットした全ての場所のカードの取得か、収入を選べます。
 取得したカードで、自分のコミューンに建築を行うことが出来ます。
 ありそでなかった建築方法ですが、1枚、2枚、3枚と同種のカードを重ねて建築していきます。ばらばらに建てることも出来るのですが、重ねた方が強く、有利になります。
 もちろん、重ねるには条件があって、プレイするカードの数字が重ねる枚数以上でなければならないということです。
 建築物を建てたらすぐに得点が入ります。1枚目で1点、2枚目で2点、3枚目で3点とだんだん上昇します。もちろん、また1枚からはじめていれば、それは1点しか入りません。なので、重ねるのがよいです。
 最後に収入ですが、各プレイヤーに配られたついたてに描かれている収入+建築物の収入が入ります。建築物の収入は前回の収入から1度でも建築した種類の建築物からしか入りませんが、その重ねた枚数分ずつキューブをストックから手に入れることが出来ます。

 こうやってターンを進めるんですが、それだけじゃないのがこのゲーム。
 山札がA~Dの4つありまして、Aから順番に使うんですが、Aが無くなると侵略者が全プレイヤーに襲来します。そして、裕福なプレイヤーにはそれだけ多くの侵略者が来ます。これがよい。
 スコアトラックを使うんですが、襲来する侵略者の数値が決まっていて、そこに最低得点のプレイヤーのマーカーを置いて、後は点差分侵略者の数値が上昇します。だから先行で走るとえらい目にあいます。
 次に軍隊を左右の手に握ります。これも新しい。
 左手は全員への侵略者を減らします。いいことないじゃーん。となりますが、一番がんばったプレイヤー、二番目にがんばったプレイヤーには報酬として得点チップが来ます。建築物からの得点が基本のこのゲームで、こういう特殊な得点は非常に重要です。
 次に右手の分で自分への侵略者を減らします。これで0以下になればいいのですが、プラスで残った場合、ダメージチップを受け取ります。これ、最後まで持っていると1枚1点です。でかいです。でかいです。
 これを4回繰り返して得点を競います。
 正直、全然語りつくせないぐらいの要素があって、書ききれません。
 けれど、ほんっと。超が付く位、うちはお勧めできます。2時間ちょっとかかるけれど。

 このゲームにせよ、キングスブルグにせよ、最近のイタリア勢のゲームはすごいと感心させられますね。よいよい。
 一応、このときは若干のルール翻訳ミスがあったので、正規ルールではありませんでしたし、初プレイばかりで感覚がつかめていないプレイヤーが多数いたので勝てました。
 後日、ちゃんとしたルールでやったんですが、いやぁ、きついきつい。みんな自分メインかよ(笑) みたいな。けれど、1点差で勝ったぜーみたいな。
 しっかり全体の侵略者は減らしとくもんだ(えっへん) な感じでした。
スポンサーサイト

▼例会案内
◆spielplatzとは?/参加方法◆
 こちらをクリック

◆開催場所◆
 大阪市立北区民センター

◆開催日◆
2017年
 ・10月09日(月/祝) 第2会議室
 ・11月12日(日) 和室
 ・12月03日(日) 第3会議室
2018年
 ・01月07日(日) 第2会議室
 ・02月11日(日) 和室
 ・03月18日(日) 第2会議室
◆開催時間◆
 10:00 ~ 20:30
(11/12のみ 13:00 ~ )

▼最近の画像
▼最近のコメント
▼検索フォーム
▼カテゴリ
▼リンク
▼広告